カードローンの借入額は有限?

カードローンの契約をしてカードが発行されると、次からは何度でも簡単に借入れができるようになります。ただし、その金額は無制限ではありません。カードの契約を結ぶ時には枠が決められています。この枠を限度額といいます。

 

限度額については、例えばアコムなら最高限度額500万円といったように、カードローン会社によって違いはあります。しかも、アコムでカードローンを契約した人全てが500万円まで借入れできるわけではありません。契約者によって限度額は変わります。実際に500万円の限度額で借りる人はほとんどいません。

 

 

限度額と借入額

カードローンは限度額の範囲内であれば、何度でも借入れが可能です。より詳細に言えば、借入残高が限度額を超えない限り、何度でも借入れできます。一度限度額いっぱいまで借入れしたとしても、返済をして借入残高に余裕ができれば、再度借入れが可能です。

 

いざという時の備えとしてカードローンを利用するのであれば、限度額には常に余裕がある状態が好ましいです。例えば限度額50万円だったとしても、借入残高が30万円を超えないように利用しておけば、いざという時に20万円はいつでも用意ができる状態になります。

 

限度額はカードローン契約時に決まります。その前にこちらから、借入れ希望額を申告しますが、この金額と限度額が同じとは限りません。例えば10万円借りたいと申込んだとして、限度額30万円でカードローンが組めるのは、普通によくあるケースです。

 

限度額30万円であっても、普通に10万円だけ借入れすれば、それで問題はありません。当たり前ですが、30万円借りるのも、1円も借りないのも、限度額の範囲内であればその人の自由です。

 

例えばアコムで500万円借りるには?

限度額が大きければ、いざという時に引き出せる金額も大きくなります。また、借入金額に余裕がある分、何回も借入れができます。限度額が大きい方が借入れは有利になります。しかし、例えばアコムの最高限度額は500万円ですが、実際に500万円の限度額で借入れできる人はほとんどいません。

 

アコムで500万円借りられる条件の1つの目安として、年収があります。消費者金融の貸付けは、年収の1/3までと決まっています。年収の1/3を超える金額の借入れは断られてしまいます。つまり、限度額500万円の条件を満たすには、少なくとも1,500万円もの年収が必要になります。

 

そもそも年収1,500万円以上の人が少数派ですし、その中で、アコムで500万円借りたいと思う人の割合を考えると、ほとんどいないでしょう。年収に照らし合わせて考えれば、数十万円から200万円程度が、一般的なカードローンの限度額といえます。

 

あくまでアコムの即日融資審査によって決まるので分からない部分もありますが、それでも数十万円程度がやはり一般的となるでしょう。

 

契約時の限度額

カードローンの初回契約時に設定される限度額は、それ程多くないと考えておいた方がよいでしょう。年収の1/3という数字は1つの目安となりますが、例えば銀行ではその限りではない、いきなり年収の1/3ギリギリまで融資はしてもらえない、などで、絶対ではありません。

 

どうしても200万円必要な事情があるならともかく、いざという時に便利そうだから200万円の限度額で契約したいといっても、実際は難しいはずです。最初は30万円など、低めの限度額が設定されるケースが多いです。

 

しかし、一度設定された限度額は、ずっと固定ではありません。利用に応じて、または申請すれば、限度額が増額する可能性があります。頻繁に借入れと返済を繰り返し、しかも返済遅れがない優良顧客だと判断されると、カードローン会社側から増額を持ちかけられる場合もあります。

 

最初から高めの限度額に設定しないのは、付き合い初めできちんと返済してもらえるかどうかがわからないからです。カードローンも信用が第一であり、きちんと利用してくれるという実績を積むと、段々と限度額が増えていくのが一般的です。

 

大きな限度額が設定されている銀行のカードローンでも、初回の契約時から増額によって更に大きな金額を借りられる場合が多いです。最高800万円の限度額となっているオリックス銀行カードローンの利用枠も、増額によって大きくなっていくものなのです。